映画 マレフィセント 動画

映画 マレフィセント 動画を無料で視聴できるのはこちら
↓↓↓
日本最大級のビデオオンデマンド  

誰もが知るディズニーの名作『眠れる森の美女』のもうひとつの物語です。
本当におもしろいです。

UNEXTの魅力の一つは、マルチデバイスに対応していることです。
テレビで、スマホであなたのライフスタイルに合わせて、好きな作品を楽しめます。

 

今なら16日間も基本料金無料でサービスをうけることができます☆
違法な動画サイトとは違い、ウィルスや逮捕の心配もないので、安心ですね。
映画 マレフィセント 動画はポイントを使って、実質無料で観れます。
(各作品の配信期間に関しては、U-NEXTで確認ください。)


マレフィセント 動画は本当におもしろいですね。口コミを調べました。マレフィセント ディズニーが往年のアニメ「眠れる森の美女」をリメイクしていますが、今回は「美女と野獣」のリンダ・ウールヴァートンの脚本は、ヒロインに呪いをかける魔女の視点から描く、というユニークなアプローチで、平和な妖精の国で人間の国に好奇心を持っていた妖精が、知り合った人間の青年と恋に落ちるけど、青年の野心が膨らみ妖精を裏切る行為に走って、裏切られて心身ともに傷付いた妖精は、王になって姫が産まれたところに現れて、姫に呪いをかける、みたいな展開は、おとぎ話の裏読みというか、今の社会でなかなか認められることの少ない女性の立場を反映させているようにも思えましたね。姫を見守り彼女救うのは三人の妖精でもなく、王子様でもない、というのも、面白いですが、なんだか終盤は同時期に製作されていた「アナと雪の女王」のクライマックスに似ている感じもして、今の風潮を反映させて、お互いに影響し合ったのかも知れませんね。美しきお姫様に呪いをかけた、ダーク・ヒロインの心の葛藤を、こんなにも愛情を込めて描くなんて、とても素敵。その代わりに、お姫様の父上がとんでもないことになっていたけれど。。。
アンジーは、もともと、まるで陶器人形のような、人間離れした美貌の持ち主であるが、もう、マレフィセント、凄みまで感じてしまう美しさ!魅惑的なぽってり唇が、真っ赤に彩られて、恐ろしく妖艶!
オーロラ姫役のエル・ファニングちゃんも、純真なプリンセスがぴったりで、とてもかわいい♪
そして、ヴィヴィアンちゃん!近くで見たら、きっとトラウマになりそうなぐらい迫力ありそうなマレフィセントに、あどけない笑顔で抱っこをせがむところが、さすが母娘!、と微笑ましい。
愛しい姫にかけられた呪いを解くために必要な「真実の愛」は、やっぱり狂おしいほどの痛みを伴いつつ、時間をかけて育み、時には命がけで敵と戦ってまでして貫くものなのね。
エンドロールで流れる、低音ボイスの♪I Know You ~♪も、素敵。
ただひたすら、アンジェリーナ・ジョリーを観るための作品。
その目的で行けば楽しいけれど、そうじゃなければどうでしょう?
魔女姿はピッタリで、怖さ・切なさがキッチリと表現されています。
エル・ファニングはかわいいことはかわいいけど、あれ?もうちょっとかわいくなかったっけ???鼻、上向き過ぎ?眉も染めた方がよかったような?「眠れる森の美女」に登場する魔女マレフィセントの内面にスポットを当てながら”真実の愛”をめぐって人間と妖精とが争い、和解に至るまでを描いたスピンオフ映画。
16歳の誕生日に”真実の愛”のキスをマレフィセントにプレゼントした人間の男が、やがて彼女を裏切り妖精の命とも言うべき翼を奪って王位に就くのだが、彼の赤ん坊に永遠に解けない呪いをマレフィセントがかけてしまうという復讐を前半では描いている。その呪いは唯一”真実の愛”のキスによってのみ解かれるのであるが、そんなものがこの世に存在しないことを承知の上でマレフィセントは呪いをかける。また父親である王もそのことを自身の過去の振る舞いから分かっており絶望の中、赤ん坊を3人の妖精に預けひたすら呪いから遠ざけようとするのである。
魔女と父親の過去など知る由もなく娘は成長するのだが、絶えず娘のそばでマレフィセントが守護神のように見守っていたのは、彼女の人となりが実によく表現されていた。ダークサイドのキャラクターのように描かれてはいたが、マレフィセントは心の優しい女性であり人一倍母性の強さを備えていたのである。夢中になって蝶を追いかけあわや崖から転落しそうになる娘を、瞬時の魔法で命拾いさせる場面がそれを物語っていた。
真実の愛の体現者が娘に一目ぼれした若者ではなく、守護神であり母親代わりでもあったマレフィセント自身だったとする後半のクライマックスは本作の生命線とも言うべき名シーンであった。
全ての争いに決着がつき、平和を取り戻したラストシーンに男性の姿形が見られなかった事実は、個人的には寂しい限り。とはいえ作品としては上出来でありグレーゾーンを彷徨する魔女という難役を器用にこなしたアンジェリーナ・ジョリーに心からの拍手を送りたい。元の「眠れる森の美女」とはかけ離れた内容という面でディズニーファンなどには賛否両論あるかもしれないですが、中身はディズニーとか「眠れる森の美女」とかよりもアンジーの魅力を観に行く作品といってもいいと思います。
作品冒頭から終盤まで七変化まではいかないが、美女のアンジーや歳をとった貫録あるアンジーなど色々な彼女を拝見できますがどれをとってもさすが一流女優と言わんばかりの姿ばかり。
そして姿もそうですが、演技も素晴らしい。アンジーの実際の年齢を考えてオーロラ姫が16歳になって陰から見守る姿は現実に子沢山で生活しているアンジーと重ね合わせることができるが、ここ以外のアンジーは綺麗さと可愛らしさ同時に出している演技には脱帽です。
他にも原作とは異なったダークファンタジーという面で個人的には違った新たな「眠れる森の美女」が観れて新鮮でしたが、特にマレフィセント側の国は暗いダークな設定ながら妖精など異生物達が華やかで映像が映えていました。ディズニー効果はこの辺で暗いままでなくファンタジー要素も出そうというのがうかがえました。となっています。

© 2014 映画 マレフィセント 動画 rss